印刷物を安くするには?


印刷を安くする方法について

 ・印刷工程は

  ①デザイン+②データ作成+③印刷料金+④加工代+⑤送料

 

これの合計が印刷代金となります。 どの段階から印刷会社に依頼するのかによって価格が違ってきます。


(その1)

 

1、①デザインは、参考になる印刷物や手書き原稿などを持参されると具体的に話が          できます。

 

2、②データ作成は、作成にかかる時間が少なくなれば料金が安くなります。 また、校

     正回数が少ないほうが安くできます。 文字をデータとして支給してもらう(ワー

    ド・エクセル・テキストデータ)で 支給して頂き、写真はプリント写真持込より

    データのほうが綺麗で費用も安くなります。

 

3、印刷料金は工程ごとの金額合計が見積額となります。 なので③印刷のみを依頼にす

     れば安くなります。


(その2)

 

1、印刷機で印刷する場合、それぞれの色の分アルミ版を製版して印刷機に取り付け

       印刷します。よって、印刷単価は枚数が多いほど安くなります。いつも使う印刷物

      は一度に出来るだけ多く発注したほうがお得になります。2回同じものを頼むので

      あれば1回で2倍発注したほうがお得です。


昔は100枚でも1000枚でも金額は一緒になっていましたが、近年はオンデマンド印

    刷が安価になってきたので枚数によって使い分けして金額を出しています。印刷物

    の用途によって枚数は変化していきますので、見積もりをもらって検討ください。


まとめ)

印刷工程には、

入稿→制作→校正(→修正→校正)→製版→印刷→後加工→納品

 

①入稿時、ある程度レイアウトなどを固めてもらって、校正後の修正代がかからないようにする。

②入稿時、文字など手書きではなく、文字データとして入稿してもらう。

③入稿時にチラシのイメージを固めてもらっておいて、修正が少なくするようにしてもらう。

④いちばん安くするには、自分で作成されて印刷だけ頼んでもらうと制作代が省けるので安くなります。